Most Popular Photograph

p_28215.jpg

自分の予想を過信しても疑いすぎてもいけない

資産運用の経験を積んでくると、ある程度相場の予想を自分なりにたてることができるようになってきますが、それでも予想通りになるかどうかは誰にもわかりません。予想をたてた時点での仮説は良かったとしても、経済は生ものですから、日々刻々と状況が変わっていきます。自分の予想を過信することは良くないでしょうが、自分の予想が信じられないのも結局投資行動がとれませんからいいことだとはいえないでしょう。そんな時には格言を参考にしてみるといいでしょう。


二度に買うべし二度に売るべしとは?

投資の格言に「二度に買うべし、二度に売るべし」というものがあります。文字通り理解すれば、金融商品を購入する時は一度に購入するのではなく二度に分けて買う事、売る時も同じくすべて一時に売ってしまうのではなく二度に分けて売ることが大切、と言っています。自分の予想がもし当たっていたら、一度に売ったり買ったりするのがベストですが、予想を過信せず、少し買う、少し売るところから入るのが良いと教えている格言だといえるでしょう。


二回に分けて投資行動をとるメリットとは?

二回に分けて投資行動をとるメリットはいくつかありますが、一つは、少し買ったり売ったりすることで、その後もう一度様子を見るチャンスが得られ、より冷静により多くの情報から最終判断を下すことができるという点が挙げられるでしょう。また、購入時であればドルコスト平均法の利点が働くことにもなるというメリットもあります。いずれにしろ、一度に買ったり売ったりして後悔しても後の祭りですから、打診買いや打診売りという手法を知っておくことが資産運用をする場合には役に立つはずです。



ガソリンの先物取引はオンラインで可能です。相場も調べておくと、適切な取引がしやすい傾向にはあります。

二度に買うべし二度に売るべし!資産運用は石橋をたたいて渡る

0 Loves

p_123354.jpg

言葉遣いに気を付ける

マナーと言うのは、とても幅広くありますが、接客業において必ず心がけておきたいことと言えば、言葉遣いです。親しみを出すために、フレンドリーな口調で友達のように話しながら接客を行うひとがいますが、人によっては馴れ馴れしいと思って不快に感じるものです。お店の雰囲気や客層によっては、ゆるい口調の方がマッチして、良い関係になれることもあるでしょうが、何も考えずにラフなスタイルで接してしまうのは気を付けた方が良いでしょう。


無言にならないように気を付ける

接客業で働く上で、言葉遣いと言うのはとても大切なもので、失礼になるような言葉を言わないことはもちろん大切ですが、だからと言って口数が少なくなってしまっては、違った意味で印象が悪くなってしまうものです。例えば、支払いの時に、何も言わずに黙々と対応をされては、無愛想な人だと思ってしまうものです。終始、何も言わずに対応するのは極端ですが「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」がないだけでもかなり印象は変わります。


商品の扱い方に気を付ける

接客業では、お客さんへの対応の仕方に気を付けるのはもちろんですが、お店の商品の取り扱いにも十分注意が必要です。例えば、お客さんがレジに持ってきた商品を適当に袋に詰めたりしたら、形が崩れたりして、配慮に欠けていると思われてしまいます。また、丈夫な物や形が崩れないような物であったとしても、放り投げるように扱われたりしたら良い気分ではありません。ちょっとしたことではありますが、雑な動きにならないようにすることが大切です。



就業規則を設定する目的は企業で働く時に守るべきことを定め、社員が一体感を持って働ける環境を作るためです。

集客効果を高めたい時に心がけたい接客マナー

0 Loves