Most Popular Photograph

p_81581.jpg

不動産の登記の代理ができます

司法書士の資格を持っていると、不動産の登記の代理をして、手数料をもらう事ができます。不動産の登記は、その不動産のある場所を管轄している法務局にする事になります。不動産の権利の移転の登記や、抵当権の登記などいろんな登記があり、それを法務局で登記する事によって、公示される事になるので、不動産の権利関係が明確になります。不動産の登記をするには、その登記に必要な登録免許税が必要になってきます。不動産の登記が完了すると、登記識別情報が送られて来る事になっています。


商業登記の代理ができるようになります

司法書士の資格を持っていると、商業登記の代理をして、手数料をもらう事ができます。商業登記には、会社の設立の登記や、役員変更の登記などがあり、多岐に渡っていて、商業登記は、その会社の本店がある場所を管轄する法務局にする事になっています。商業登記も登録免許税が必要になります。また、司法書士は、会社を設立する人に対して、相談を受けたり、アドバイスをしたりする事もできます。会社には、合同、合資、合名、株式会社があるので、会社を設立する人にあった形態を提案できます。


裁判業務をする事ができます

平成15年4月に施工された改正司法書士法によって、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所における代理業務が行なえるようになりました。請求金額が140万円以下の事件について、代理業務が認められています。お金を貸したけども返してもらえないとか、売買代金を支払ってもらえないとかの方の、代理ができるようになりました。それは、簡易裁判所に限ったもので、他の地方裁判所や、家庭裁判所では、司法書士は代理業務ができないようになっています。



司法書士の試験勉強を独学で効率的に行うには、通信講座やインターネットを使ったeラーニングが効果的です。

司法書士の資格を持っているとできる事について説明します

0 Loves

p_38379.jpg

無料相談会がきっかけ!資産運用について知る手掛かり

資産は、単に蓄えるだけではその価値を活かしきれていません。適切に資産運用してこそ、本来の価値を引き出すことが可能です。しかし、資産運用となると心配になる人が多いのも事実です。資産運用には、少なからずリスクが伴うケースもあるため、安易に運用を考えるのは確かに問題がありますね。資産運用について疑問点があれば、まずは気軽に相談できる無料相談会を利用してみると、資産運用について詳しく知るきっかけにできます。


プロにおまかせ!資産運用を引き受ける業者の存在

資産を持つけれども、それをどのように運用すればいいのかについて、悩んでいる人は世の中に多くいます。大切な資産をできるだけ損なうことなく、着実に増やすためには、高度な金融知識を必要とするでしょう。資産運用の方法に迷ったら、全てプロにお任せするということも考えることができるでしょう。信託銀行や投資顧問会社といった、資産を引き受けて増やすことを仕事としている専門家がいるため、利用してみる意義があります。


自ら資産運用!?生き甲斐にできる資産運用

所有する資産を運用することは、所有者自身でももちろん行う事ができます。始めは、資産を投資などに使うことに抵抗感を感じるかもしれません。しかし、少しずつ経済や金融について勉強しながら、無理のない範囲で資産運用を行うというのがいいでしょう。最終的に自身の資産を守るのは、所有者自身であり、資産運用について知識や経験を持つことは重要なことです。また資産運用で資産を増やすことを、生き甲斐にもすることができます。



金の先物は毎日価格が変動しており、実物資産という特徴から、株や債券などの証券が上がる際には下がる傾向があり、反対に株や債券が下がる時に上がるという特徴があります。

資産の価値を活かしたい!資産運用への取り組み方

0 Loves