必見!!行政書士の資格を取得するための勉強方法

行政書士は以前より難しくなった!?

行政書士はまちの法律家といわれ、官公署に提出する書類や権利義務・事実証明に関する書類の作成などを業務とする士業です。この行政書士の仕事を行うためには、行政書士の資格が必要であり、その資格は試験に合格することによって取得しなければなりません。この行政書士の試験ですが、以前は選択式のみでした。しかし、近年は選択式だけでなく、記述式の問題も見られるようになり、難しくなってきているといわれています。でも、ちゃんと勉強すれば合格することができるんですよ。

独学より予備校が近道

では、どうやって勉強すればいいのかって話になりますが、独学で合格することは不可能ではありません。ただ、正しい方向で勉強し、効率よく合格の道を進むという点では、予備校で学ぶ方が近道であるといえます。また、独学だと競争し、励まし合える勉強仲間の確保が難しいというこおもありますが、予備校だと受講生がいますのでその点でもメリットがありますよね。また、わからないことがあれば講師に質問して解決することも可能なのです。

過去問をとにかくこなそう

ただ、独学にせよ予備校で勉強するにせよ、必要不可欠なのは過去問です。いくら知識があったとしても、制限時間内に問題を解くことができなければ意味がありませんよね。また、知識があると思っていても、問題を解く時になると、知識があやふやであることも少なくありません。ですから、過去問は学んで得た知識を実戦で活かすためにも不可欠なものなのです。問題を見て反射的に知識が出て活かすことができるぐらいのレベルになるまで繰り返しこなすことが大切です。

行政書士の試験では憲法や行政法などの法律に関する設問のほか、行政書士としてつとめるのに必要な政治・経済に関する知識も問われます。

Comments are closed.