司法書士の資格を持っているとできる事について説明します

不動産の登記の代理ができます

司法書士の資格を持っていると、不動産の登記の代理をして、手数料をもらう事ができます。不動産の登記は、その不動産のある場所を管轄している法務局にする事になります。不動産の権利の移転の登記や、抵当権の登記などいろんな登記があり、それを法務局で登記する事によって、公示される事になるので、不動産の権利関係が明確になります。不動産の登記をするには、その登記に必要な登録免許税が必要になってきます。不動産の登記が完了すると、登記識別情報が送られて来る事になっています。

商業登記の代理ができるようになります

司法書士の資格を持っていると、商業登記の代理をして、手数料をもらう事ができます。商業登記には、会社の設立の登記や、役員変更の登記などがあり、多岐に渡っていて、商業登記は、その会社の本店がある場所を管轄する法務局にする事になっています。商業登記も登録免許税が必要になります。また、司法書士は、会社を設立する人に対して、相談を受けたり、アドバイスをしたりする事もできます。会社には、合同、合資、合名、株式会社があるので、会社を設立する人にあった形態を提案できます。

裁判業務をする事ができます

平成15年4月に施工された改正司法書士法によって、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所における代理業務が行なえるようになりました。請求金額が140万円以下の事件について、代理業務が認められています。お金を貸したけども返してもらえないとか、売買代金を支払ってもらえないとかの方の、代理ができるようになりました。それは、簡易裁判所に限ったもので、他の地方裁判所や、家庭裁判所では、司法書士は代理業務ができないようになっています。

司法書士の試験勉強を独学で効率的に行うには、通信講座やインターネットを使ったeラーニングが効果的です。

Comments are closed.