二度に買うべし二度に売るべし!資産運用は石橋をたたいて渡る

自分の予想を過信しても疑いすぎてもいけない

資産運用の経験を積んでくると、ある程度相場の予想を自分なりにたてることができるようになってきますが、それでも予想通りになるかどうかは誰にもわかりません。予想をたてた時点での仮説は良かったとしても、経済は生ものですから、日々刻々と状況が変わっていきます。自分の予想を過信することは良くないでしょうが、自分の予想が信じられないのも結局投資行動がとれませんからいいことだとはいえないでしょう。そんな時には格言を参考にしてみるといいでしょう。

二度に買うべし二度に売るべしとは?

投資の格言に「二度に買うべし、二度に売るべし」というものがあります。文字通り理解すれば、金融商品を購入する時は一度に購入するのではなく二度に分けて買う事、売る時も同じくすべて一時に売ってしまうのではなく二度に分けて売ることが大切、と言っています。自分の予想がもし当たっていたら、一度に売ったり買ったりするのがベストですが、予想を過信せず、少し買う、少し売るところから入るのが良いと教えている格言だといえるでしょう。

二回に分けて投資行動をとるメリットとは?

二回に分けて投資行動をとるメリットはいくつかありますが、一つは、少し買ったり売ったりすることで、その後もう一度様子を見るチャンスが得られ、より冷静により多くの情報から最終判断を下すことができるという点が挙げられるでしょう。また、購入時であればドルコスト平均法の利点が働くことにもなるというメリットもあります。いずれにしろ、一度に買ったり売ったりして後悔しても後の祭りですから、打診買いや打診売りという手法を知っておくことが資産運用をする場合には役に立つはずです。

ガソリンの先物取引はオンラインで可能です。相場も調べておくと、適切な取引がしやすい傾向にはあります。

Comments are closed.