集客効果を高めたい時に心がけたい接客マナー

言葉遣いに気を付ける

マナーと言うのは、とても幅広くありますが、接客業において必ず心がけておきたいことと言えば、言葉遣いです。親しみを出すために、フレンドリーな口調で友達のように話しながら接客を行うひとがいますが、人によっては馴れ馴れしいと思って不快に感じるものです。お店の雰囲気や客層によっては、ゆるい口調の方がマッチして、良い関係になれることもあるでしょうが、何も考えずにラフなスタイルで接してしまうのは気を付けた方が良いでしょう。

無言にならないように気を付ける

接客業で働く上で、言葉遣いと言うのはとても大切なもので、失礼になるような言葉を言わないことはもちろん大切ですが、だからと言って口数が少なくなってしまっては、違った意味で印象が悪くなってしまうものです。例えば、支払いの時に、何も言わずに黙々と対応をされては、無愛想な人だと思ってしまうものです。終始、何も言わずに対応するのは極端ですが「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」がないだけでもかなり印象は変わります。

商品の扱い方に気を付ける

接客業では、お客さんへの対応の仕方に気を付けるのはもちろんですが、お店の商品の取り扱いにも十分注意が必要です。例えば、お客さんがレジに持ってきた商品を適当に袋に詰めたりしたら、形が崩れたりして、配慮に欠けていると思われてしまいます。また、丈夫な物や形が崩れないような物であったとしても、放り投げるように扱われたりしたら良い気分ではありません。ちょっとしたことではありますが、雑な動きにならないようにすることが大切です。

就業規則を設定する目的は企業で働く時に守るべきことを定め、社員が一体感を持って働ける環境を作るためです。

Comments are closed.