知っておきたい!ファイナンシャルプランナー資格取得への道のり

ファイナンシャルプランナーは、なぜ必要?

「結婚資金を貯めたい」、「マイホームがほしい」、「子どもの教育資金を準備したい」、「安心した老後生活をおくりたい」など、人々はライフステ-ジごとに、さまざまな夢や希望を持っていますよね。ファイナンシャルプランナーは、それらを実現するために顧客のライフプラン(人生設計)を財政的な面から総合的にアドバイスして、具体的なプランを立て、実行を手助けする役割を果たしていますね。保険の見直しや金融商品の多様化など、一般の人では判断しづらい問題に直面するケースが多くなってきている今、幅広い知識を持ち、的確にアドバイスが行なえるファイナンシャルプランナーへのニーズは大きく高まっているんですよ。

ファイナンシャルプランナーの仕事とは?

ファイナンシャルプランナーは、お客様からライフプラン実現に向けて財政面のさまざま相談を受け、そして、その実現に向けた具体的な提案を行いますよね。なお、提案を行った後も定期的に見直して、必要に応じて修正を加えるなど、お客様と一緒に長期的に取り組んでいくことのなりますね。したがって、ファイナンシャルプランナーはプランニングを行うための知識とスキルを兼ね備え、かつ、お客様に信頼していただける存在でなければなりませんよね。

ファイナンシャルプランナー試験に合格するために!

ファイナンシャルプランナーの学科試験・実技試験それぞれ、6割以上得点できれば、他の受験生の成績に関係なく合格できるんですよ。学習を始めると、範囲の広さに戸惑うかもしれませんが、テキストの内容をすべて完璧に覚えなければならないわけではありませんので、「全体で6割正解できれば合格」ということを意識して、学習を進めるとよいでしょう。無理なく効率よく知識を身につけるコツは、一度にすべてをマスターしようとするのではなく、まずはテキストにざっと目を通して、全体像を把握するように心がけることですよ。

cfpの活動に参加している企業には、ガス会社などのインフラ系企業や、通信会社、印刷会社やコピー機のメーカーなどが挙げられます。

Comments are closed.