Most Popular Photograph

p_86857.jpg

文系職種の難関資格!中小企業診断士

中小企業診断士とは、中小企業の経営状態を分析して経営上の助言や提案などを行うコンサルティングがメインの資格です。文系の職種においては、様々な企業との繋がりが多い部署に配属されることが多く、資材調達先や委託先の会社と取引する機会も多いですよね。会社対会社で取引する際はその財務的な内容や経営状況を詳しく知っておく必要がありますので、中小企業診断士を持っていると重要なポジションに立ちやすく、転職活動においても即戦力として扱われるでしょう。


建築業界に強い!建築士

建築士は、建物や不動産においての専門家であり、設計や設計監理などの行為は業務独占となりますので、責任もあり、社会的資本に関わる重要な仕事に従事します。また、住宅分野やリフォーム分野においてもその専門性を発揮することが出来ますので、活躍できるフィールドは広いと言えるでしょう。建築士には二級建築士や一級建築士など、難易度が異なりますが、転職市場においては一級建築士を求める傾向にありますので、若い内から取得しておくべき資格です。


高齢化社会に強い!社会福祉士

社会福祉士は、身体的な障害があって日常生活がしづらい方や、介護が必要な高齢者、母子家庭や、生活保護受給者などの福祉サービスを提供できるように、様々な助言や提案を行うことが業務となっています。高齢化社会になり、介護福祉施設でのケアプランの作成や、様々な福祉サービスを提供する機会が増えており、今後ますます社会福祉士の求められる要素が強くなる傾向にあります。幅広い福祉に関する知識があり、全国各地の施設で求人募集がありますので、保有していると40代でも転職しやすいでしょう。



基本情報技術者の試験を受ける人が増えています。なぜなら、基本情報技術者の資格を取得していれば、ネットワークエンジニアとして働く場合に有利だからです。

40歳以上でも大丈夫!?転職に強い資格について

0 Loves

p_17964.jpg

行政書士は以前より難しくなった!?

行政書士はまちの法律家といわれ、官公署に提出する書類や権利義務・事実証明に関する書類の作成などを業務とする士業です。この行政書士の仕事を行うためには、行政書士の資格が必要であり、その資格は試験に合格することによって取得しなければなりません。この行政書士の試験ですが、以前は選択式のみでした。しかし、近年は選択式だけでなく、記述式の問題も見られるようになり、難しくなってきているといわれています。でも、ちゃんと勉強すれば合格することができるんですよ。


独学より予備校が近道

では、どうやって勉強すればいいのかって話になりますが、独学で合格することは不可能ではありません。ただ、正しい方向で勉強し、効率よく合格の道を進むという点では、予備校で学ぶ方が近道であるといえます。また、独学だと競争し、励まし合える勉強仲間の確保が難しいというこおもありますが、予備校だと受講生がいますのでその点でもメリットがありますよね。また、わからないことがあれば講師に質問して解決することも可能なのです。


過去問をとにかくこなそう

ただ、独学にせよ予備校で勉強するにせよ、必要不可欠なのは過去問です。いくら知識があったとしても、制限時間内に問題を解くことができなければ意味がありませんよね。また、知識があると思っていても、問題を解く時になると、知識があやふやであることも少なくありません。ですから、過去問は学んで得た知識を実戦で活かすためにも不可欠なものなのです。問題を見て反射的に知識が出て活かすことができるぐらいのレベルになるまで繰り返しこなすことが大切です。



行政書士の試験では憲法や行政法などの法律に関する設問のほか、行政書士としてつとめるのに必要な政治・経済に関する知識も問われます。

必見!!行政書士の資格を取得するための勉強方法

0 Loves